メトロ有楽町線和光市駅

Y1a 和光市駅は東武線と共用の有楽町線の終点ですが、電車はさらに東武線の志木、川越方面まで乗入れています。
広い自由通路の地下道の中に改札口があり、駅はホームを挟んだ南口と北口があります。
上の写真は駅前広場のある南口からの駅前風景で、広い駅前通りにビルが建ち並ぶ都会の街になっています。
この奥には大団地や自衛隊、本田技研、理化学研究所などの大きな施設が並んでいます。これらは戦時中に農地が接収され軍の施設だったものが戦後、再開発されました。
下の写真は住宅街の中にある北口駅前で、横断歩道の右が北口です。
駅の北側は戦後も農地だったのが駅周辺から徐々に宅地に変わってきた街です。駅勢圏は2km北の荒川低地まで続きますが、北の方にはまだ広い農地がたくさん残っています。
和光市の街の移り変りの伴い、駅名も農村時代の新倉駅、町が出来始めた頃の大和駅、都市化した今の和光市駅と変わりました。
Y1b

| | コメント (0)

メトロ有楽町線地下鉄成増駅

Y2c 上の写真は5番口の前のT字路からの東向きで、ここから後方の地下1階に長いコンコースが、地下2階にホームが伸びています。
川越街道の両側には背の高いマンションが建ち並んでいます。
ここから左への道は150m北の東武成増駅の南口ロータリへのアクセス道路です。
250m西の2番口近くからも同じ南口への斜めの商店街通りがあります(下の写真)。通りにはダイエーもありますが周辺が狭いので駐車場はさらに100m西の別の場所にあります。
川越街道と東武線に挟まれたこの一帯はパチンコ屋や飲食店の多い賑やかな繁華街になっています。
有楽町線は地下鉄成増駅を出ると川越街道から別れ、ダイエーの駐車場と住宅街の地下を通って地上に出て東武線との高架の複々線になり、白子川を渡って埼玉県和光市に入ります。
地下から高架になり沿線の展望が急に開けますが、起伏の多い地形の中に住宅街が遠くまで広がっています。
Y2a

| | コメント (0)

メトロ有楽町線地下鉄赤塚駅

Y3a 隣の平和台駅からの有楽町線は住宅街の地下を通って川越街道に移動して地下鉄赤塚駅です。
上の写真はホーム後方の3番口からで、ここから向こうへの地下1階に長いコンコース、地下2階にホームが伸びています。
通りの両側は中型マンションで1階はいろんな店舗が入居しています。
3番口から右に入る道路は赤塚銀座商店街の通りで、そのすぐ先が東武東上線の踏切です(下の写真)。踏切の左のマンションは1階に東武線下赤塚駅南口がある駅ビルです。
踏切の先の赤い建物の1階に狭い通路があり、そこを抜けると駅北口で、その駅前から賑やかな赤塚壱番街商店街の路地が広がっています。
Y3b

| | コメント (0)

メトロ有楽町線平和台駅

Y4b 上の写真は南口からの正久保通りの南向きです。ここから後方の地下3階にホームが延びています。
通りの右側には1階が店舗の大型マンションが建ち並びますが、通りの左側には更地が広がり駅出入口もありません。更地は金網で囲われ道路予定地の看板が立てられていました。
通りの先の左側に見える赤い建物の1階は雑貨屋さんですが閉店大売出し中でした。
下の写真は150m北の北口にある交差点の角からで、広い通りは環八通りです。対角の角はライフでその裏側には中層の都営アパートが広がっています。
環八通りは昨年半世紀をかけて全通しましたが、未開通区間はこの区間の両側でした。杉並区の井荻トンネルから板橋区相生までの新たに開通した環八通りを走ったことがありますが、長い地下トンネルと陸橋が続く高速道のような道で、信号が残っているのはこの交差点付近だけでした。
有楽町線はこの交差点の地下深くを横切っているので、正久保通りの拡幅工事に併せてこの区間の環八通りの地下トンネル化も予定されているのかもしれません。
Y4a

| | コメント (0)

メトロ有楽町線氷川台駅

Y5b 上の写真は1番口前からの正久保通りの南向きで、ここから向こうへの地下2階がコンコース、地下3階がホームです。
写真のマンションの向こう隣には2番口があり、1番口、2番口とも出入口は大きな駐輪場に囲まれています。
正久保通りは150m先の2番口の前で右折してすぐ石神井川の正久保橋で、橋を渡るとサミットとコープが向かい合っています。
下の写真は2番口の先の石神井川畔からで、有楽町線は対岸の練馬区羽沢の住宅街の地下を通って隣の小竹向原駅につながっています。
正久保通りで東西に、石神井川で南北に4区分された練馬区の、北東が氷川台、北西が早宮、南西が桜台、南東が羽沢の境界点上に氷川台駅があります。
Y5a

| | コメント (0)

メトロ有楽町線小竹向原駅

Y6a 上の写真はホーム後寄りの4番口を出た交差点からの西向きです。ここから向こうへの地下2階にホームが伸びています。この交差点から先は豊島区小竹、この手前が板橋区向原です。
前方にトンネルが見えますが、トンネルの上は小竹小グランドで、後方にも短いトンネルがありその上は向原小グランドです。
写真のトンネル左の階段を上がると小竹小グランド沿いの緑道で、そこを200m先に進むと閑静な住宅街の中に、ホーム前方寄りの2番口があります(下の写真)。
2番口の右手は小さな公園と駐輪場になっており、この地下1階が道路トンネル、地下2階が改札口、地下3階がホームです。
小竹向原駅のホームは2面4線で、下りの3、4番線ホームで西武線乗入と東武線乗入が別れ、上りの1、2番線ホームで有楽町線と副都心線が別れます。
Y6b

| | コメント (0)

メトロ有楽町線千川駅(せんかわ)

Y7a  上の写真は1番口近くからの東向きで、右側の広い歩道に1番口、左のライフの前に2番口があります。ホームはそこから向こうに伸びており、逆出口の3番口には広い歩道を利用した正規の駐輪場もあります。
交差点の右方向は千川商栄会の通りですが、その裏通りは桜の緑道でその一部が小さな千川公園になっています(下の写真)。
千川は武蔵野市境堤(旧仙川村)から玉川上水を分流して浅草まで送る江戸時代の用水です。
仙川村の太兵衛・徳兵衛がこの用水を造った功績で千川の姓を賜り、千川上水の管理を任されこの地に移り住みました。
武蔵野市境堤から練馬区関町までの上流は今も小さな流れが残っていますが、中流部分は今は都道の千川通りとなった地下の暗渠がこの千川公園につながっています。
なお旧仙川村の武蔵野市には他に天然の仙川が流れていますが、この流域には京王線仙川駅(せんがわ)があります。
Y7b

| | コメント (0)

メトロ有楽町線要町駅

Y8b 上の写真は6番口からの交差点の西向きで、左の歩道にある出入口が6番口です。通りは池袋駅東口からの広い要町通りですが、ここはもう池袋の繁華街の雑踏はありません。
ホームはここから交差点の向こうへの地下2階に伸びています。
交差点の右(北)300mに昨年完成した首都高環状新宿線の地下への入口があり、それがこの交差点の地下1階を左右に通っています。
6番口の左に赤レンガ舗装の緑道があり、そこを南に300m進むと赤レンガの校舎の立教小、立教中・高、立教大を貫通する立教通りにでます。
下の写真はその中程にある立教中・高のキャンパスをつなぐ歩道橋からの東向きで、この向う隣が立教大で池袋駅が最寄駅になります。
この後方には立教小があって要町駅からの緑道を通っての通学コースが便利です。
Y8a

| | コメント (0)

メトロ有楽町線池袋駅

Y9a_2 上の写真は繁華街にある40番口からの西向きで、正面のビルは西武デパートです。そこから向うへの地下1階がコンコース、地下2階がホームです。池袋駅は南北に西武線、JR線、東武線のホームが並んでおり、その下を横切る東西の北、中央、南の3つの地下のコンコースがあり、有楽町線ホームは南のコンコース、丸の内線ホームは中央のコンコースの下にあります。
これらをつなぐ南北のコンコースや東西の駅前広場の地下道もあり、池袋駅周辺の地下は巨大な迷路のように入組んでいます。
下の写真は有楽町線コンコースの東端の3番口からの西向きで、正面は噴水のある池袋西口公園です。左の奇抜な大きなビルは東京芸術劇場です。ここは大、中、小1、小2の4つのホールがありオーケストラ、演劇、歌劇、舞踊などの公演が行われています。
有楽町線はこの公園の地下からビル街に入り要町通りに移動して、隣の要町駅に向かいます。
Y9b

| | コメント (0)

メトロ有楽町線東池袋駅

Y10a 上の写真はホーム東端の階段の5番口からの東向きです。ここから向うへの地下1階に長い地下道、地下2階にホームがあります。
左の電車は都電荒川線で電車は道路を渡るため信号待ちしています。左側上部は首都高の高架です。
通り右側には超高層マンションが2棟聳えています。特に後の白いマンションはその後方に聳えるサンシャインビルに負けない高さを誇ります。
5番口から通り左へ民家の路地に入るとすぐコンクリ塀に囲まれた大きな雑司が谷霊園があります(下の写真)。
これは明治のはじめ墓所を持たない東京市民のために、市営の共同墓地として造営されました。ここには永井荷風、夏目漱石、泉鏡花、竹下夢二など多くの明治の文化人のお墓があるので有名です。
東京都心には他に青山霊園がありますが、そちらは大久保利通、犬養毅、乃木希典などが眠っており、こちらの方が庶民的だったのかも知れません。
Y10b

| | コメント (0)