JR飯田線小坂井駅周辺の踏切

Ka19a 小坂井駅ホームからの北向き(豊川方向)の写真でホーム端の踏切とその先80mの黒い車が通る踏切が並びます。この後者の踏切が旧東海道で、この先100mを国道1号線がアンダーパスで線路を横切っています。
ここは愛知県小坂井町で豊橋と豊川に挟まれた町で、旧東海道の道筋ですが宿場町ではなかったようです。
Ka19b 駅を下りて線路沿いに300m南に進むと飯田線の上り線の踏切があり、それを渡った50m先の下り線踏切からの南向き(豊橋方向)の写真です。立体交差する上の線路は名鉄本線の下り線です。このガードを抜けた飯田線の下り線は名鉄本線の上り線と合流し、さらにその先で東海道線に並行して豊橋駅に向かいます。また飯田線の上り線は写真の高架の名鉄本線の下り線と300m左で分れています。
要するにここから豊橋までJR飯田線と名鉄線は複線の線路を共用しています。
Ka19c_3 飯田線はかっては私鉄の豊川鉄道でした。それを名鉄が合併し豊橋、豊川乗り入れを果しましたが、戦時中に豊川鉄道の線路が国有化されて飯田線になりました。飯田線は豊川鉄道からさらに内陸へつながる私鉄の鳳来寺鉄道、三信鉄道なども同時に国有化して中央線辰野駅へ接続した路線です。
写真は豊橋駅の2、3番線ホームです。右の1、2番線が飯田線、左の3番線は名古屋への名鉄線、さらに左の4番線以降は東海道線と新幹線になっています。線路が共用なのでJR豊橋駅の中に名鉄のホームが間借しています。
豊橋駅から名古屋までは、名鉄49分の1080円、東海道線47分の1280円、新幹線こだま29分の2230円です。安い名鉄が一番利用者が多いようです。

| | コメント (0)

名鉄本線東岡崎駅東の踏切

Ka18b 東岡崎駅は岡崎市の玄関口ですが、JR東海道線の岡崎駅があり岡崎城の東1kmに位置することから東岡崎駅の名前になっています。
上はホーム東端からの東岡崎駅東の踏切の写真で、左側にある駅前通りから右の文教地区の住宅地に入る踏切です。
東岡崎駅は河岸段丘の高台側の縁にあり、低地側になるホーム西端からは線路は高架になります。
Ka18d 駅から高架沿いに150m進んだ幹線道路のガードです。この道路の2.5km先(南)がJR岡崎駅で駅周辺は岡崎市の副都心に相当します。
Ka18e ガードの後方(北)150mが乙川の橋でそこから下流の対岸の写真です。
左手の森は家康出生の地の岡崎城のある公園で、対岸一帯が岡崎市の中心街になっており、旧東海道は城下町だったここを二十七曲の屈折で通っていました。

大正時代に木曽川の電力開発に成功した福沢桃介が、その電力を利用するため名古屋~豊橋間の東海道電気鉄道の免許を得たのが名鉄本線の始まりです。
会社名からわかるように彼はこの鉄道を東京まで延長する野心を持ち、三菱、三井と並ぶ財閥だった安田善次郎から資金的なバックアップの確約を得ていました。
当時の国鉄東海道線は汽車(SL)で遅くて煤煙が汚く不評だったので、電車による高速で快適なサービスを目指したのです。
しかし安田が大磯の別邸で暗殺され夢を絶たれた福沢桃介は、自らが社長も兼ねていた愛知電気鉄道に東海道電気鉄道を合併して、常務の藍川清成に社長を譲りました。
財界の鬼才と呼ばれ気宇壮大だった彼には豊橋までの電車には興味を失ってしまったようです(野性の人々:城山三郎)。
後任の藍川清成はすでに完成していた神宮前~有松に東海道電気鉄道の路線を接続し、今の名古屋~豊橋の名鉄本線を完成させました。

| | コメント (0)

名鉄知立(ちりゅう)駅東の踏切

Ka17a 踏切が2つ並ぶ知立駅東の踏切の北向きの写真で、手前が三河線の踏切、15m先が名鉄本線の踏切で、その左手が知立駅前広場です。
さらに150m先が昔の池鯉鮒(ちりう)宿のあった旧東海道との交差点で、今は商店街とマンション地帯に変貌しています。ここから1km東へ行くと松並木があり、旧東海道の面影をとどめています。
Ka17c 三河線踏切からの右(東)方向の写真で、線路が左右に分かれています。左は本線のガードをくぐってトヨタの本拠地の豊田市へ、右はJR東海道線苅谷駅を経て臨海工業都市の碧南(へきなん)市への線路です。
かっては三河線は別会社で本線のガードの場所に本線と接続する知立駅がありましたが、名鉄と合併して今の場所に知立駅が移設され、旧知立駅は三河線だけの三河知立駅となりました。
Ka17b 知立駅前広場の写真です。駅前のロータリの植込みに「連続立体交差を早期に実現しよう」の立て看板が掲げられていました。
なお知立駅の3本のホームは地下道でつながっていますが私鉄では珍しく駅裏の南口がなく、線路南側の電車の利用者はこの2つの踏切を渡る必要があります。

| | コメント (0)

名鉄本線有松駅西の踏切

Ka16a 上の写真は有松駅前再開発で改修された踏切で、車線の踏切が分離されており両側の広い歩道用とあわせ4個の踏切遮断機からなっています。踏切の右側はホームの端に接しています。
踏切の上の道路を渡る歩道橋は右50mにある新しい橋上駅の歩道デッキにつながっています。
踏切の先の大きなビルは再開発でできたイオンのSCです。
ここは名古屋市の南東の丘陵地帯が広がる緑区ですがその丘陵の宅地化が進み、踏切の道路は線路の南北の新興住宅地をつなぐ車の多い道になっています。
踏切の後方(南)80mは旧東海道との交差点で、その通りには白壁の塗ごめ造りと木の縦格子の民家が並び、昔の有松宿の姿を今も留めています(下の写真)。
Ka16b
東海道53次は名古屋の熱田から東へ鳴海、知立、岡崎と続きますが、有松は鳴海と知立の間宿で名産の有松絞りを求める人で賑わいました。
今もこの通りの民家の多くは有松絞りを扱う商家ですが新しいファッションとして見直されているようです。
名鉄本線は旧東海道沿いを走っており、織田信長が今川義元を破った桶狭間の古戦場跡は東隣の中京競馬場駅のすぐ傍です。

| | コメント (0)

名鉄知多武豊駅北の踏切

Ka15a 上の写真は名鉄知多武豊駅北の踏切の南向きで、踏切の右(西)は一方通行のY字路の車の多い踏切です。
Y字路の先にある武豊町役場前の駐車場がロータリーの役目になっており車はスムーズに流れています。
線路の先はすぐ駅で線路右側の西口前にはスーパーとパチンコ屋、左側の東口には日油の大きな工場があります。
踏切の道を左に400m進むと下の写真の金網で構内が仕切られたJR武豊駅です。更地の左側には新しい住宅が並び、右側の先には今はホームに線路が1本だけの駅が見えます。
かってはここから後方(南)へ1kmの港まで線路は伸びていました。今は港は埋立てられて発電所になっています。
Ka15b
明治16年に国は東京~大阪間の鉄道を岐阜~高崎の中山道ルートにすることを決め、明治17年には東は上野~高崎、西は琵琶湖の水運も利用して神戸~大垣~岐阜が通じ、その資材運搬用を兼ねた大垣~四日市の鉄道建設が決まっていました。
鉄道局長官の井上勝はこの四日市への路線を岐阜~名古屋~大府~武豊に変更することを政府首脳に主張し、了解を得たので明治19年にこれを開通させました。
ここでさらに井上は内陸の中山道ルートを海岸線の東海道ルートへの変更を申し出て、国の承認を得ました。そして大府~横浜を単線狭軌鉄道でしたがわずか2年5ヶ月で完成させ明治22年7月に待望の東海道線が全通しました。
井上は私鉄の日本鉄道や山陽鉄道などの監督者でもあり私鉄にも建設を急がせました。
当時日本の軍部は敵を国内で迎え討つことから国外に討って出る作戦に変へ、陸軍と海軍の連携が必要でした。
そこで武豊線が開通した翌年の明治20年に、武豊に天皇をお迎えして陸軍と海軍の対抗戦が行われました。
また東海道線が開通した翌年の明治23年に今度は隣町の半田に天皇をお迎えして、陸海軍をそれぞれ2分した東軍と西軍による日本で最初の大演習が行われました。
陸軍の兵士の輸送には鉄道が使われました。
当時の政府首脳の伊藤博文首相、井上馨外相、山縣有朋陸相は井上勝と同じ長州人で、青年時代のこの4人は大村益次郎の弟分にあたる維新の志士の仲間でした。
大村益次郎は西郷隆盛と並ぶ明治維新のリーダーで靖国神社の彼の銅像は有名です。
明治27年に日清戦争が起こりましたが、この時には青森から広島まで1本の線路でつながっており広島宇品港から大陸への兵員輸送にこの鉄道が貢献しました。そしてその勝利で欧米の列強国に肩を並べる一流国に日本がなりました。

| | コメント (0)

«名鉄河和線知多半田駅北の踏切